おすすめネットナンパサイト

コンビニ店員へのナンパを成功させる方法を解説

コンビニでタイプの店員を見つけたら、なんとかナンパできないものかと考える男性もいるのではないでしょうか。

しかし、仕事中の店員を誘うことは街中を歩いている女の子より難易度が高く、何も考えずにアタックしてもまず失敗に終わる可能性が高いです。

この記事では、コンビニ店員をナンパするためにはどのような流れで進めるべきなのか、どのようなことに注意しなければならないのかを詳しく解説しています。

また、ナンパした場合に成功率の高いコンビニ店員の特徴についても説明しています。

今まさにナンパしたいコンビニ店員がいるという男性や、コンビニ店員をナンパしてみたいという野望を抱いている人には絶対に役立つ内容なので、最期までじっくり読んでください。

目次

コンビニ店員をナンパする方法

コンビニ店員はどのような手順でナンパすればいいのか、基本的な流れを説明します。

連絡先を交換するまでのステップを確認しておきましょう。

シフトを把握する

コンビニ店員は、いつも同じ時間帯に勤務しているとは限りません。

狙っているコンビニ店員と接点を持つためには、シフトの把握をしておくことが大切です。

いろいろな時間帯にコンビニを訪れることで、ターゲットとなるコンビニ店員の働いている曜日や時間帯が大体わかってきます。

ただし、シフトを把握したいがためにやたらと頻繁に来店していると不審に思われ、ストーカーだと思われてしまうこともあります。

コンビニを見に行く時には、店員を狙っていることがバレないように必ず何か買い物をするようにしましょう。

印象が残る買い物を何度か行う

お気に入りのコンビニ店員のシフトが把握したら、その店員がいる時間帯を狙って来店し買い物をしましょう。

ここで店員に自分のことをおぼえてもらうことが大切です。

たとえば毎回決まって同じものを購入したり、大量ねものを購入したりすると店員の印象に残りやすくなります。

ただし、会計の際にもたもたしたり迷惑をかけたりしてしまうとマイナスイメージを持たれてしまいます。

ナンパしたいコンビニ店員がレジにいる時は、印象に残るような買い物をしつつもスムーズに支払いをすることに気をつけましょう。

カンタンな会話を繰り返す

何度か狙っているコンビニ店員がいる時に買い物をしておぼえてもらうことができたら、カンタンな会話を交わしてさらに距離を縮めましょう。

短い挨拶や、新商品の話題など、短い会話を交わすのが理想です。

仲良くなりたいからといって、会話を長引かせたりいつまでもレジ前に居座ったりすると次に並んでいるお客さんの迷惑にもなりますし、店員も困惑しています。

あくまでも店員が負担に感じないような、さりげない会話を交わすことがポイントです。

会計の度に会話を交わせるような関係を目指してください。

LINE IDや電話番号などの連絡先を渡す

コンビニ店員は忙しいので会計時にゆっくり話す余裕がなく、時間をかけて誘ったり口説いたりすることはまず不可能です。

堂々とレジ前でナンパをすると、他のお客さんの目もあり迷惑に感じてしまうでしょう。

会計の際にナンパのチャンスを狙うなら、手短に好意を伝えた上で、自分のLINEのIDや電話番号など連絡先を書いたメモを手渡しましょう。

忙しいコンビニ店員でも、後から都合のよい時に連絡をくれる可能性があります。

コンビニの店内に誰もお客さんがいない時には、その場で直接ナンパをしてみてもいいでしょう。

コンビニ店員へのナンパの注意点

コンビニ店員をナンパする時には、いくつか気をつけておきたいポイントがあります。

ナンパが失敗で終わらないように、以下の注意店を頭に入れておいてください。

服装や身だしなみに気をつける

コンビニだからといって、ボロボロの普段着やジャージ、パジャマのような服装で行くのは禁物です。

お気に入りの店員からも、服装に無頓着なだらしない人だというイメージを持たれてしまいます。

かといって、毎回キメすぎた不自然なファッションで来店すると引かれてしまいます。

カジュアルでもセンスが良く清潔感のある服装を心がけましょう。

髪型もボサボサではなく、ある程度整えておきましょう。

意外と手入れを忘れがちなのが手の爪です。

会計時のやり取りで店員は自然と爪に施設を向けます。

爪が伸びていたり汚れていないか確認してから買い物にいきましょう。

無言・挙動不審にならない

ナンパをする際に、つい焦りや緊張から挙動不審になってしまうことがありますが、怪しい人だという印象を抱かれてしまいます。

一度そのようなマイナスなイメージを持たれると、ナンパをしても断られてしまう可能性が高いです。

また、とりあえず連絡先を渡せばいいと思い込んで無言でで渡すのもよくありません。

店員からすると、「どういうつもりでこの紙を渡したんだろう?」と疑問に思い、「よくわからないなら関わらないでおこう…」と避けるようになるでしょう。

ナンパをする時、連絡先を渡す時は「仲良くなりたいのでよかったら連絡をください」というように、相手の負担にらならないような言葉を伝え、誠実なイメージを与えましょう。

彼氏持ちの可能性がある

いくらコンビニ店員と仲良くなることができても、残念ながら実は既に彼氏がいる場合もよくあります。

その場合は、たとえ自分に良い印象を持ってもらっていても、ナンパをOKしてもらえることはないでしょう。

彼氏持ちかどうかはコンビニで会話をするだけではなかなか判断することは難しいです。

もしも彼氏がいることを理由に断られたとしたら、しつこく言い寄るのはやめましょう。

失敗すると店に行きづらくなる

コンビニ店員をナンパしても、当然ですが断られてしまう可能性も高いです。

もしもそのコンビニが自宅の近くにあったり、普段立ち寄りやすい場所にあった場合、ナンパに失敗したことが原因で行きづらくなるととても不便になります。

また、ナンパをした現場を他の店員に目撃されていたり、店員同士の話題になっていた場合は、恥ずかしくてかなり行きづらくなるというデメリットがあります。

コンビニ店員をナンパする時には、失敗した場合のことも想定して慎重に行動することが重要です。

ナンパしやすいコンビニ店員の特徴

コンビニ店員のナンパを成功させるためには、ナンパしやすいコンビニ店員を狙うことが大切です。

ナンパしやすいコンビニ店員の特徴を説明します。

新人・経験の少ない店員

会計に慣れていなかったり、先輩店員にフォローされているコンビニは新人であることがわかります。

名札に研修中と書いてある店員なら間違いないです。

そのような店員は仕事中に客からナンパされることに慣れていません。

ナンパされることに慣れている店員は、ナンパをしてもスルーされることも多いですが、経験の少ない新人店員は真面目に反応してくれます。

また、会計などが上手くできずに焦っている時に優しくしてあげると好意を抱いてもらうことができます。

繁華街から離れたコンビニの店員

繁華街や人の流れの多いエリアにあるコンビニでは、毎日たくさんのお客さんが出入りするため店員もなかなか一人一人の顔を覚えることができません。

住宅地にあるコンビニなら毎日決まった人が買い物に来ることが多く、店員も顔をおぼえやすいです。

また、普段あまり人の来ない寂れた場所にあるコンビニならさらに自分がよく行けば覚えてもらいやすいです。

人があまり来ないコンビニの方が、店員と話をするチャンスがあるのでナンパをするにはおすすめです。

暇な時間帯にいる店員

昼食の時間帯などはコンビニを利用する人が多いので、店員もかなり忙しくなります。

コンビニ店員をナンパするなら、なるべくお客さんの集中しない時間帯を狙う必要があります。

コンビニの混雑する時間帯は店舗によっても異なり、1日を通して忙しいコンビニもあれば、午前中や夜の遅めの時間帯は暇なコンビニもあります。

何度か通うことで、コンビニがすいている時間帯を狙いましょう。

深夜はコンビニにあまりお客さんが来ませんが、女性が一人で勤務していることはほとんどなく、店長など男性がいる場合が多いのでナンパには向いていません。

【結論】コンビニのナンパは長期戦を覚悟しよう

コンビニ店員をナンパするなら、いきなり誘っても断られてる可能性が高いので、まずはここで説明したような手順をしっかり踏む必要があります。

まずは店員の勤務状況などを探るために事前に何度か足を運ぶ必要がありますが、この段階で怪しい男だと思われないよう、くれぐれも不審な行動をしないように注意してください。

ナンパを成功させるためには、自分を少しずつおぼえてもらい、自然に会話を重ねることで好意を抱いてもらうことがポイントです。

あくまでコンビニ店員は仕事中なので、迷惑がかからないようにさりげなく気持ちを伝えて連絡先を渡すことをまずは目標としましょう。

このように、コンビニ店員をナンパするにはかなり時間をかけてじっくりと作戦を練ることが必要なのです。 

カイト
この記事を書いた人
各地でナンパし続けて5年を超える。
ネットナンパでは百戦錬磨のネットナンパ師。セフレは常に5人以上。
今までの経験を活かし、ナンパ初心者の男性に向けて「ネットナンパの極意」を伝えるためにサイトを開設。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる