旅行先でナンパして出会いを増やすテクニックや注意点を伝授

旅先でのナンパが出会いのきっかけになったカップルは、珍しくはありません。

しかし、だからと言って実践しようとしても、見知らぬ土地で初めて会う女性に声をかけるのは、ハードルが高いと感じる方も多いでしょう。

どうやって声をかけるべきかや、そもそも、本当に成功するのか疑問に感じるはずです。

結論としては、ナンパは確率の勝負ですから、ある程度の回数は諦めずにチャレンジすることが重要と言えます。

ただ、やり方次第で成功する確率はグッと変わってきますので、正しいアプローチを考えたいものです。

この記事では旅先で上手にナンパするためのノウハウを、わかりやすくまとめて紹介していきます。

どのような女性に、どうやって声をかけるのが適切かなどについてチェックしていきましょう。

また、ナンパの際に生じやすい悩みや不安の解決方法も、確認していきます。

全て読み終わるころには、旅先でナンパを成功させるための糸口が見つかっているはずです。

目次

旅先で出会いを作る方法

旅先で出会いを作る方法は複数あります。

それぞれの特徴を押さえて、戦略を練っていきましょう。

現地の友人からの紹介

旅行先や出張先に友人がいれば、知り合いの女性を紹介してもらうのも悪くありません。

初対面の男女でありながら、共通の友人・知人がいるため、警戒心が薄れるからです。

共通の友人がいると、その人の話題など、会話の糸口が多くなります。

もちろん、友人の誘いに乗って来てくれるのですから、出会いに関しての積極性も高いはずです。

友人も仲を取り持ってくれるでしょうし、何かとメリットが多い方法と言えます。

事前に出会い系アプリで探しておく

旅に出る前に出会い系アプリを使い、アプローチする対象を決めておきます。

こうすることで、出会いに積極的な女性をピックアップしておくわけです。

出会い系アプリは大手だと、何百万人と言う会員が利用しているため、目的地の女性をリサーチするにはうってつけ。

自分の足で探すより効率的で、多数の女性に声をかけることができます。

また、メッセージのやり取りの際には、「今度旅行に行くんだけど」と言うことで、話題を作りやすいのも魅力です。

観光名所や美味しいレストランを聞き出すうちに、自然と会う方向に話を持っていけます。

ナンパする

上記の方法と並行して、旅先でナンパをする計画を立てておきましょう。

なぜなら、友人の紹介や出会い系アプリには、実際に会うまでは相手がわからないと言う欠点があるためです。

例えば、友人が全然タイプじゃない女性を連れてくることは珍しくありません。

出会い系についても写真を加工していて、待ち合わせ場所で「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあります。

もちろん、いずれも成功するケースも多々あるのですが、失敗した時は自力でナンパをするのがおすすめです。

ナンパだと声をかける相手を吟味してからトライできるので、好ましくないターゲットを避けられます。

また、旅先だと意外とナンパが成功しやすいため、他の方法がダメでも、充分にリカバリーできる見込みがあるのです。

旅先のナンパが成功しやすい理由

ナンパ師によると、旅先のナンパは成功しやすいとされます。

その理由は、旅と言う非日常的な行動に、出会いに対して積極的になる要素が含まれているためです。

以下では、なぜ旅先のナンパがうまくいきやすいのか、見ていきましょう。

声がけが自然にできる

ナンパの際に重要なのが、女性に対する第一声をどうすからです。

特に下心見え見えの誘い方をすると、ほとんどの女性が警戒するのは想像に難くないでしょう。

この点、旅行中と言う体面があれば、肝心の第一声をナチュラルに演出できるのがメリットです。

例えば、観光名所への行き方や、この辺りで美味しい店があるかなど、自然な形で女性に問いかけることができます。

女性としても「今夜どう?」と言われるより、気軽に返答しやすいものです。

その後に会話が続くようなら、「案内してほしい」とか「一緒に行かない?」と続けていきます。

これは営業マンも使うテクですが、最初は軽いお願いをして心のハードルを下げてから、本題に入るわけです。

最初に答えやすい質問をしてから本題に入ることで、自然な流れで遊びに誘えます。

同じ旅行客なら開放的でOKしやすい

現地の女性を狙うのも悪くありませんが、より成功する可能性が期待できるのが旅行に来ている女性です。

旅行に来ている女性は日常と違った、開放的な雰囲気を楽しむために旅をしています。

中には男性には目もくれずに、観光やグルメに一目散な場合もありますが、逆も多いのです。

旅先でアバンギャルドな出会いを楽しみたい、と考えるケースも少なくはありません。

他にも人恋しさや別れの傷心を癒すために、旅に出ている人もいます。

このような女性だと、旅行と言う開放的な雰囲気も手伝って、異性との接触に対する警戒感が薄れている可能性は高め。

最初は旅の話題から入って、自然な形でアプローチしやすいのもメリットです。

特別な出会いを演出できる

旅行はアグレッシブで特別な体験に満ち溢れています。

この特徴を上手く活用すると、女性にとって特別で、運命を感じるような出会いを演出することが可能です。

例えば、観光スポットやグルメなお店、土産物屋などで偶然、何度も出会うケースがあります。

偶然に偶然が重なるように見えるため、もしかしたら運命なのではと感じるわけです。

また、旅先で優しくしてくれる男性が現れた時も、「良い人と偶然、巡り合った」と考えられます。

写真撮影が上手くいかない時に、優しい男性が手伝ってくれた、と言うような体験から恋愛に発展しているのが現実です。

このことから、男性としては旅先の名所は満遍なくまわって、困っている女性には優しくしておくと良いでしょう。

旅先のナンパを成功させるテクニック

旅先のナンパを成功させるために、押さえておきたいテクニックを紹介していきます。

知っているかどうかで結果が変わりかねない、重要な部分なのでチェックが欠かせません。

ファッションにはこだわる

ナンパでは第一印象が大切です。

ファッションには各自の好みがありますが、最低限、清潔感には気を付けて下さい。

不潔に見えると、ほぼ否定的な印象を与えてしまいます。

後は不審に思われないような服装を選ぶことも大切です。

出張先ならスーツでも悪くありませんが、「仕事で来てる」と言いながらチャラい服を着ていると、確実に怪しまれます。

また、旅行者はカジュアルファッションでも問題はありません。

ただし、奇抜なデザインや多色使いは、女性から敬遠される傾向にあります。

小道具としては、腕時計などは誠実なイメージを与えますし、そこそこのモデルを選べば資金な余裕も醸し出すことが可能です。

清潔で親しみやすく、大人の余裕を感じさせるようなファッションを選び、良い印象を与えていきましょう。

一人旅と複数人でターゲットを変える

旅先のナンパは1人で行うか、複数人でチャレンジするかによってターゲットを選ぶのが一手です。

絶対にやらないとダメなのではありませんが、戦略的には考えておきたいポイントと言えます。

まず、1人旅の場合は、基本として1対1で声をかけるのがセオリーです。

女性の1人旅は珍しいですから、単独行動をしている地元民に声をかけてみると良いでしょう。

逆に複数でナンパをする時は、1人の女性に声をかけるのは得策ではありません。

警戒されるのがオチですし、仲間内で女性の取り合いになるでしょう。

このため、複数名で行動するなら、同じくグループで遊びに来ている旅行客を狙うのがおすすめです。

地元民にはお願いごとで話しかける

地元民には旅行にきていると言う体面で、色々なお願い事をするのがテクニックの一つです。

例えば、記念撮影を手伝ってもたったり、有名なお店を教えてもらったりすると良いでしょう。

地元の魅力を知りたい人に色々尋ねられても悪い気はしませんから、親切に教えてくれる女性もいます。

「会社へのお土産で迷っている」と言うように、仕事がらみの話題を出すのも悪くありません。

働いていて収入があると信頼性が高まりますし、女性の方から何か問いかけてくれる可能性もあります。

とにかく色々と話しかけやすいのが旅行先のナンパの魅力ですが、大切なのは自然に話しかけることです。

いきなり食事に誘うのではなく、まず旅や地元の話で盛り上がってから、「一緒にどうですか」と段階を踏んでアプローチしていきましょう。

旅行者にはリードできる情報を教える

旅行に来ている女性を、うまくリードできるように話のネタを用意しておきましょう。

男性から質問するのも悪いのではないですが、こちらのペースに持っていくための話題も必要なのです。

例えば、旅先で見つけた美味しいお店や、楽しかった観光スポットを相手に教えてあげます。

すると、女性側からの関心も引き出せますし、自分が行った場所を紹介してくれて、会話が弾むでしょう。

狙いは他にもあって、このようなリードする情報を用意することで、自然と誘いやすくなるのです。

一通り盛り上がったところで、「今度は〇〇に行くんですけど、一緒にどうですか」と自然に話を繋げます。

女性としても旅行を楽しむと言う名目があるので、上手くエスコートしてあげると魅力的に映るのです。

旅先のナンパや出会いでの注意点

旅先でナンパする時は、気を付けたいポイントが幾つかあります。

うっかりしていると被害にあったり、せっかくの苦労が台無しになるケースも否定はできません。

実際にどのような障害があるのかは、前もってチェックして下さい。

女性から声をかけてくる

ナンパ目的でなくても、旅先で歩いていると、女性からお誘いの声がかかることがあります。

出会いに飢えていると「よっしゃ」とガッツポーズが出るかもしれませんが、早合点は禁物です。

繁華街の近くは特に、観光客を狙ったキャッチのお姉さんがいますので、注意しましょう。

ぼったくり店が雇っている客引きの女性がいて、これに引っかかるとナンパどころではありません。

特に1対1で平然と話しかけてきて、すぐに飲み屋に誘ってくる場合は要注意です。

このような場合はキャッチ・勧誘の可能性が高いと判断して、冷静に行動して下さい。

怪しいと思ったら、例え1人旅でも「友達がいるから」と言って断ると良いでしょう。

ツアー旅行は期待しない

ツアー旅行は狙い目とは言えません。

可能性はゼロではないですが、効率は悪いですし自由度も低いため、おすすめできないのです。

なぜなら、若い女性が1人でツアー旅行に参加するのは珍しいからで、年配の方だらけのツアーもしばしばあります。

また、若い女性が参加していても、基本的に友達と一緒なので声をかけにくい点もデメリットです。

仮にうまく狙いやすいターゲットがいても、ツアー旅行ならではのデメリットもあります。

自由度が低いので「あのお店に行こうよ」と誘うことができません。

しかも、他のツアー客が一緒に行動しますから、しつこくナンパしていると思われると、トラブルになるケースもあります。

もし、失敗したり他の客ともめたりしたら、残りのツアーはかなり気まずいものになるでしょう。

【結論】旅先のナンパはコツを掴めば成功しやすい!

旅先ではコツを掴みさえすれば、ナンパが成功する見込みは充分にあります。

自然な形でアプローチできますし、同じ旅行者の女性も開放的な気分になっているので、思い切った行動にでやすいのです。

実際に旅先での出会いが結婚のきっかけになったカップルも多く、女性としても特別な出会いに感じやすいのメリットと言えるでしょう。

挑戦する時は、最初は不安に感じることもあれば、失敗する可能性も否定はできません。

しかし、何事も経験や、諦めないことが大切です。

100%成功するナンパ師はいませんから、繰り返しトライしていきましょう。

その上で、この記事を参考にしてファッションや声のかけ方などを、工夫しておくと、成功確率は高まるはずです。

なお、ナンパだけでは心もとない時は、出会い系アプリを併用するのもおすすめできます。

アプリで約束した女性とうまくいかなかったからナンパに切り替えると言うように、戦略に幅が出るのでおすすめです。

カイト
この記事を書いた人
各地でナンパし続けて5年を超える。
ネットナンパでは百戦錬磨のネットナンパ師。セフレは常に5人以上。
今までの経験を活かし、ナンパ初心者の男性に向けて「ネットナンパの極意」を伝えるためにサイトを開設。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる